乾燥ニキビ 対策 基礎化粧品

乾燥ニキビの原因は?

ニキビは過剰な皮脂の分泌によって起こるもの、
つまり乾燥肌には関係ない!と思っていませんか?

 

乾燥ニキビは大人ニキビとも呼ばれ、
原因は文字通り『乾燥』です。

 

そもそもニキビとは、毛穴に皮脂が詰まることで出来ます。

 

乾燥肌の場合、皮膚のバリア機能が低下しています。
天然のバリアである『皮脂膜』が作れない状態です。

 

皮脂膜がないので、角質層の水分が大量に蒸発してしまい、
その結果角質が固くなり、毛穴が細く弱くなってしまうのです。

 

毛穴が細くなるため、ほんの少しの皮脂でも毛穴に詰まってしまい、
ニキビが出来るのです。

 

乾燥ニキビができる人の特徴は?

 

乾燥ニキビの出来やすい人の特徴として、
『睡眠時間が少ない』『脂っこい食事が多い』ということが挙げられます。

 

睡眠時間が少ないと、交感神経を刺激して男性ホルモンが
多く分泌されるようになります。

 

男性ホルモンは皮脂を分泌するので、
ニキビが出来やすくなります。

 

また、脂肪分の多い食生活は、
お肌の皮脂分泌を過剰にしてしまいます。

 

不規則な生活をしている人・偏った食生活をしている人が
乾燥ニキビになる人の特徴と言えるでしょう。

乾燥ニキビの対策・治し方は?

乾燥ニキビは、誰にでも出来る可能性はあります。
しかし、乾燥ニキビのない人も多く見られます。

 

乾燥ニキビの出来る人と出来ない人の違いとは、何なのでしょうか?

 

乾燥ニキビの出来ない人は、
お肌の水分と油分のバランスがちょうど良い人です。

 

これは、普段の生活習慣や食事
スキンケアなとが深く関わっています。

 

乾燥ニキビにならないためには、
乾燥ニキビの根本的な原因である『乾燥』を改善することです。

 

乾燥肌を改善することが、
乾燥ニキビを治す近道と言えるでしょう。

 

特に乾燥ニキビは、思春期ニキビよりも厄介ですから、
治すには長い時間がかけると思っていてください。

 

中でも『洗顔』と『保湿』が重要になります。

 

お肌の負担になる界面活性剤や、油分の含まれていない
化粧品を選んでください。

 

そして、お肌が天然のバリアである皮脂膜を作れるよう
水分補給をしてあげること、セラミドを補給してあげることも忘れてはいけません。

 

どんなに水分補給をしても、
その水分を保つことが出来なければ意味がないですよね。

 

セラミドを補うことで、お肌が必要な水分を保てるようになり、
角質層の働きを正常な状態に戻してあげるのです。


乾燥ニキビに適した基礎化粧品(化粧水・保湿)はどれ?

一般的に『ニキビ用』となっている化粧水は、
思春期ニキビに対応したもので、さっぱりタイプであることが多いです。

 

乾燥ニキビには不向きですので気を付けてください。

 

乾燥ニキビには、『しっとりタイプ』で『浸透率の高いもの』を
選ぶと効果を感じられます。

 

また、化粧水の主な成分はアルコールであることが多いです。

 

アルコールはお肌の負担となるので、
出来るだけアルコールやエタノールの少ないもの、

 

天然成分で作られていて刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

 

また、乾燥ニキビには保湿が重要です。
スキンケアでの保湿は『最も重要』と言っても過言ではありません。

 

ニキビのある人は乳液を使わない人が多いですが、
それは間違いです。

 

『化粧水で水分を補い、乳液・美容液で蓋をする』
これがスキンケアの基本です。

 

しっかりと保湿するためには、きちんと蓋をして
水分を逃がさないようにする必要があります。

 

セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を補い、
お肌の保湿機能を高めてあげましょう。

 

しかし、このように言われても
素人が乾燥ニキビに適した基礎化粧品を探すのは難しいですよね。

 

そんな人には、テレビや雑誌で紹介され
92%がキレイになったと絶賛のラミューテをおすすめします。

 

乾燥ニキビ対策「ラミューテ基礎化粧品」って?

 

ラミューテは洗顔フォーム、化粧水、美容液がセットになった基礎化粧品で、
乾燥ニキビの根本原因にアプローチしてくれます。

 

パラベン、鉱物油、アルコール、石油系合成界面活性剤、
合成着色料完全フリーなのでお肌にもやさしいですし、

 

肌のホルモンバランスに着目して、保湿するだけでなく
肌本来の機能を高めてくれます。

 

使えば使うほど「乾燥ニキビ」ができにくい肌に
していくことができるんですよ。

 

しかし、初めて使う時は「本当に効果があるのか?」
気になるところでもあります。

 

でも、ラミューテなら180日間の返金保証がついているので
仮に使い切っても効果を感じなかったのなら、返金してもらえます。

 

これなら試してみて損はないですし、
安心して購入できるのではないでしょうか。

 


乾燥ニキビに関するよくある悩み

乾燥ニキビがかゆいです。

ニキビは、通常かゆみを伴うことはほとんどありません。

 

しかし、自律神経が乱れているとニキビがかゆくなることがあります。
また、乾燥によってニキビにかゆみが出ることもあります。

 

乾燥ニキビでかゆみがあるときは、
原因はほとんど乾燥によるものだと思われます。

 

皮膚の水分が不足していると、
角質層のバリア機能が弱まるため、かゆみを伴います。

 

これは、ニキビ部分に限ってのことではありません。

 

このとき、乾燥によってお肌のヒアルロン酸や
コンドロイチンが少ないと、ニキビが治りにくく、
尚且つ跡が残りやすくなってしまいます。

 

かゆみを抑えるためにも、ニキビを治すためにも、
『乾燥を防ぐこと』つまり『保湿すること』が重要になるのです。

乾燥ニキビに薬を使おうか迷っています。

ニキビの治療薬には、いくつかの種類があります。

 

まずは病院で処方してもらう『医薬品』と
ドラッグストアなどで買える『医薬部外品』です。

 

最近では市販のニキビ治療薬もたくさん出ているので、
手軽に手に入れることが出来るようになりました。

 

ニキビの治療薬は、

 

・毛穴に詰まった皮脂を取り除く

 

・角質を取る

 

・炎症を抑える

 

・肌の活性化を促す

 

など、効果によって4つほどに分けられます。

 

『ニキビ治療薬』と一言でいっても、こんなに種類があるのです。

 

そして簡単に手に入れることが出来るから、
と侮りがちなのが薬の副作用です。

 

薬には、どれも副作用があります。

 

それは市販の医薬部外品でも言えることです。

 

ニキビ治療薬の副作用として、『肌が乾燥する』ものがあります。

 

何度も言いますが、乾燥ニキビの原因は乾燥です。

 

ニキビを治すためには乾燥を改善しなくてはいけないのに、
薬を使って肌が乾燥してしまっては元も子もないですよね。

 

薬は安易に使わず、まずは基礎化粧品や生活習慣を
改善することを第一に考えることをおすすめします。

乾燥ニキビは皮膚科に行くべき?

ニキビは皮膚の病気です。

 

なんとなくニキビ=病気というイメージをもつのは
難しいかもしれませんが、

 

最近では『ニキビは皮膚科へ』という
テレビCMも流れていますよね。

 

まだまだ認識は薄いですが、ニキビは病気の1つなのです。

 

レーザー治療などは自由診療=保険適用外なので
全額実費となりますが、ニキビ治療は保険適用ですので安心ですね。

 

皮膚科を受診すると、症状に応じて飲み薬や
塗り薬を処方してもらえます。

 

炎症がひどい場合は、ステロイドのお薬を出されることもあるようです。

 

何度も言いますが、
乾燥ニキビの原因は『乾燥』です。

 

病院に行ったからといって、すぐに治るわけではありません。
長期戦になることを、心しておいてください。

 

皮膚科へ行くと、薬をもらえるだけでなく、
生活習慣改善のアドバイスなども受けられます。

 

何度も繰り返す『乾燥ニキビ』、本気で治したい!と思ったら、
皮膚科へ行くのも1つの方法だと思います。

乾燥ニキビの人はファンデーションはどうするべき?

ニキビが出来ていると、それを隠すためにファンデーションが
厚塗りになっていませんか?

 

ファンデーションの厚塗りは、
ニキビを悪化させる原因となってしまいます。

 

ファンデーションを使うときは、パウダータイプで
オイルフリーのものを選びましょう。

 

クリームタイプやリキッドタイプは
油分が多いのでやめましょう。

 

一番のおすすめは、『ミネラルルースパウダー』の
ファンデーションです。

 

ルースタイプのファンデーションは、
お肌に良くない成分である界面活性剤や油分を含まない、
あるいは最小限に留めてある、お肌に最もやさしいファンデーションです。

 

クレンジング不要であることも、魅力の1つだと思います。

 

ファンデーションを塗るときは、
スポンジよりもブラシを使うようにしましょう。

 

九州産直クラブ
主婦 ナンパ
大学生 彼氏 作り方
華の会 評判
外国人 彼女